ラシックス服用前に確認しておくべきこと

ラシックスの注意点って何?こんなことに気をつけよう!

ラシックス服用時の注意点

ラシックスは日本では1965年から使われている伝統を持った利尿剤です。使用歴の長い薬は大勢の人が使ってきたためデータの蓄積が強みです。使用時にどんなことが起こるのかがわかっているのがポイントです。

 

しかし、どんな効果があるがわかっているのかと副作用の頻度は別問題です。注意点を守らないで使用すれば一層副作用は多くなってしまうでしょう。しっかり注意点を守って上手く使いこなしましょう。

 

ラシックスの作用機序

尿は腎臓で作られて膀胱へ向かいそして体外に出される訳ですが、その途中で「ヘンレループ」というシステムで体内の水分量をコントロールしています。体内の水分量が少なければヘンレループにより水分を再吸収しますから、その分尿の量が減ります。

 

ラシックスではこのヘンレループを阻害して水分の再吸収を抑えますので、結果的にその分尿の量が多くなります。

 

ラシックスはヘンレループの働きを阻害して尿の量を多くする、通称ヘンレループ利尿薬です。

 

ラシックス服用時の注意点


ラシックスによる利尿作用がなぜ起こるのかをざっくりではありますが説明させてもらいました。

 

ですが、ラシックスは色々と注意点を守らなければなりません。こういう人は使用禁止、こういう人は注意する、など様々な注意点が存在します。

 

この先では、こういう人は服用禁止・服用注意という具体的な注意点を説明していきます。

 

服用禁止の場合

無尿症の患者

作用機序の項目でも書きましたが、ラシックスの役目は尿から吸収される水分を抑えて、結果的に尿の量を多くする薬です。尿を作り出したり、尿を作るのを促進する薬ではありません。

 

ですから、そもそもが尿が出なかったり、尿の量が極めて少ない患者には効果がありません。恩恵は得られず副作用のみしかないので使用はやめましょう。

 

肝性昏睡の患者

肝性昏睡の症状がでやすくなるにはいくつか条件がありますが、その中に低カリウム血症というものがあります。

 

ラシックスなどの利尿剤は使用していない時よりも尿の量が多くなるのですが、その際にカリウムも多く排出してしまいます。その結果血液中のカリウムが減少して低カリウム血症を引き起こしやすくなります。

 

そうなれば肝性昏睡の症状を引き起こしやすくなりますので、使用は禁止されています。

 

体液のナトリウム、カリウム量の少ない患者

前項のようにラシックスは体内のカリウムを排出する効果を持っています。もともと含有量の少ない患者さんであれば、そのバランスは更に傾きます。

 

体内の電解質のバランスが崩れると傾眠・意識障害・痙攣・嘔気・嘔吐・脱力など様々な障害が発生します。

 

該当の患者さんは服用しないようにして下さい。

 

服用注意の場合

肝機能に障害のある患者

現在肝性昏睡の症状がなかった場合でも、体内のカリウムが減る低カリウム血症により肝性昏睡の症状を発症してしまう危険性があります。

 

重篤な腎障害の患者

体内に入った薬は最終的には尿として体外に出ていきます。腎臓の機能に問題があると、この体外排出処理が遅くなるのです。

 

そうなれば薬は体内に長く留まり、薬の体内濃度が上がったり効果時間が長引いたりして副作用リスクが増します。

 

糖尿病患者

体内でカリウムの量が減少するとインスリンの分泌量が減少する傾向にあります。健康な状態であれば特に気にすることはありませんが、糖尿病患者は留意してください。

 

減塩療法中の患者

減塩中は体内のナトリウムが減少しがちになっています。尿の量を増やすと更にナトリウムは減少して低ナトリウム血症を引き起こしてしまう可能性があります。

 

下痢・嘔吐中の患者

下痢や嘔吐は体内のミネラル・ナトリウムなどの電解質が一緒に排出されます。その上で大量の尿を出せばさらに電解質バランスは崩れてしまいます。

 

もしも服用したいのであればスポーツドリンクなどで電解質を補うようにしましょう。

 

重篤な動脈硬化・冠硬化症の患者

これらの症状は血管が詰まりやすくなっている状態です。

 

ラシックスは尿量の変化を促す薬品ですが、それはつまり体液ひいては血液量も大きく変えます。

 

通常の血液の流れであれば問題ありません。しかし、血液量の短時間の変動により血管内を流れる血液の流れが不規則になれば、その分血管は詰まりやすくなります。

 

近親者に痛風患者がいる

機序は不明ですが、親兄弟に痛風持ちの方がいた場合、ラシックスを服用すると痛風に掛かるリスクが増すという報告が上がっています。

 

手術前の患者

手術の際に使う昇圧剤と麻酔。この二つの効果を変えてしまう恐れがあります。

 

昇圧剤においては薬の効果を減弱してしまい、麻酔においては麻痺効果を強めてしまう可能性が示唆されています。

 

手術前に一定期間休薬期間を設けるようにすれば問題ありません。

 

ジギタリス剤、糖質副腎皮質ホルモン剤、ACTH又はグリチルリチン製剤の投与を受けている患者

ジギタリス剤は心臓に作用する薬ですが、血流の変化により多量のジギタリスが心臓に一気に流れ込んで効果を増強させすぎてしまう可能性があるので注意してください。

 

糖質副腎皮質ホルモン剤、ACTH又はグリチルリチン製剤はカリウム排出効果を持っていますので、低カリウム状態だった体内がさらに傾くことになります。低カリウム血症に気をつけるようにしましょう。

 

全身性エリテマトーデスの患者

機序ははっきりしていませんが病気の症状をさらに悪化させてしまう可能性があります。

 

高齢者、幼児、妊婦の服用は?

高齢者


高齢者はどこか一定の箇所でなくても体が全体的に弱っていることが多いです。

 

そうなると薬を体外に排出する力も減少しており、薬の体内残留時間が延長されて副作用リスクもアップすることになります。

 

まずは、少なめの服用量で様子を見るようにしましょう。

 

幼児

大人にとってはちょっとしたことでも体が小さいと問題があることはたくさんあります。

 

今回のケースでもラシックスの利尿作用によりナトリウムやカリウムが体外に排出されることで、血内の電解質バランスが崩れやすくなっています。

 

与える場合は慎重に量を加減しましょう。

 

生後数週間の呼吸窮迫症の低出生体重児は動脈管開存のリスクがあります。服用は極力見送った方が無難でしょう。

 

妊婦


医師が危険性よりも治療効果が大きいと判断した時のみ服用するようにしましょう。くれぐれも自己判断は行わないで下さい。

 

また、母乳に薬が移行することが確認されてるため、授乳期の服用は避けるようにしましょう。

 

ラシックスに関する注意点

ラシックスはこういう飲み方はしないほうがいい、というような注意点があります。

 

長期連用はNG

長期間服用し続けると、体もなんとか尿の水分を何とか再吸収させようという仕組みが強くなってきます。

 

ここで突然利尿剤の使用をやめると、体は本来吸収しなくてもよい水分まで再吸収してしまいむくみが出てしまうこともあります。

 

必要もないのにダラダラ飲み続けるのは副作用もありますし、やめておいた方がいいでしょう。

 

大量服用はNG

注意点ですが、 電解質のバランスが大きく崩れることにより血圧低下、心電図異常、血栓症、急性腎不全、譫妄状態など多くの副作用が発生します。

 

機械や車の運転はMG

注意点としてラシックスはめまいの副作用をもっています。機械や車の運転中に出てしまうと危険ですから、運転直前の服用はやめておきましょう。

 

ラシックスの副作用や相互作用の注意点

 

このような人はラシックスは飲むときに注意点を守った方がいい、こんな飲み方はしてはいけないといった説明をここまでしてきました。

 

ですが、注意点を守っても副作用は出てしまいます。ですからあらかじめ副作用を知っておくのは大切なことです。単独使用では問題なくとも他の薬と一緒に使うと発生する問題もあります。

 

この2つのポイントについて説明します。

 

ラシックスの副作用

 

ラシックスは便利な薬ですが、副作用も持っています。

 

副作用の一例を挙げると

 

貧血、白血球減少、低ナトリウム血症、低カリウム血症、めまい、頭痛

 

等の症状があります。

 

注意点は激しい運動や車の運転前には控えた方がいいでしょう。

 

ラシックスの相互作用は?

相互作用は各々の薬品の効果を変えてしまうものです。

 

注意点としては薬品は単独使用を基準に服用すべき量を考えています。この効果が変わってしまうとしたら、同じ量を飲んでは問題が出てきます。

 

ラシックスは比較的相互作用が発生する組み合わせが比較的多くなっていますから、必ず医師と相談して問題ないか確かめましょう。

 

ラシックスはこんな薬


ラシックスとは、簡単に言えば利尿剤です。使用することでむくみなどを改善することができ、体重の減少にも効果を発揮します。そのため、女性の間で注目されている栄養素です。ラシックスの概要とは、腎臓に働きかけて尿量を増やすことで血液中の過剰な水分が減少し、むくみがとれて血圧が下がるのです。尿として水分を体外に排出させることができますので、全体の水分量を減らすことで高血圧になることを防ぐ働きもあります。

 

その他にも、うっ血性心不全や腎性浮腫、尿路結石の排出の促進にも使われています。利尿剤としては優秀なラシックスですが、副作用が起こってしまうこともあります。注意点は体の倦怠感や口の渇きを感じたり、吐き気、嘔吐、頭痛、めまい、食欲不振などが挙げられます。重症化してしまった場合には、ショックが起こったり難聴になってしまったりします。

 

注意点ですがもしも副作用の症状が現れてしまった場合には、すぐに医師に診察をしてもらうようにしましょう。ラシックスは利尿剤としてよく利用されていますが、注意点では使用する場合には医師の指示に従って使用量を守って使用するようにしましょう。注意点はなるべく昼間に服用し、車の運転や危険を伴うような作業は控える方がいいでしょう。

ホーム RSS購読
http://www.zolpidemrxpharmacy.com/ http://www.8086.info/ http://www.vlcunderground.com/ http://tablette-tactile-pas-cher.net/